忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神様


2014年5月11日の東京新聞の朝刊に載っていた記事なのですが、時代を読むというコーナーの貴戸理恵さんの記事です。見出しは、“「お客さまは神様」でいいのか”という見出しの記事です。記事を読んでいて、日本のサービス業というか客商売って異様だったのか・・・?と思ってしまいました。貴戸さんは先月からオーストラリア南部の街で暮らし始めたそうです。街の人々はのんびりしていて、時間がゆっくり流れる街。貴戸さんはアレ?と思うようなことが起こるとおっしゃっています。まずは例から。
5時までの店に4:50に入ったら店員が掃除をしている、業者に送ったメールの返事は一週間後、「何日になるか分からないけど、着く前に電話するよ」という配送業者。・・・すげぇ^^;。日本では考えられないことばかりですね確かに・・・。客商売なんだけど、働く側の都合優先の街。・・・なんだかいいなぁ、うらやましいなぁ・・・と思ってしまった最近せかせかしているうち・・・。
日本と違って、サービスを受ける側もしっかりとしていないとだめだとのこと。サービスを受ける側も、しっかり主張し、確認しなければならないの事。なぜなら、客の主張がなかったために起こる行き違いは、働く側の怠惰ではなく、消費する側の責任にあると言われれば、消費者も気を付けざるを得ないそうです。そこで貴戸さんは最初、「どうしてこんなこともしてくれないの」とはらをたてたり戸惑っていたのです。しかし気付きました。「消費する側」に立っているのが原因なんだと。そうです。「働く側」に立って考えてみるとすぐにわかるのです^^。
消費する側、働く側両者がともに人間らしい生活を大切にしながら生きられる環境が第一に重要ではないかと貴戸さんはおっしゃっています。そうだ・・・、多少の不便をやり過ごすおおらかさ、うちも心がけよう^^。“届けばいい”という考えにシフトするのだ♪。“早く届く”のを期待、要求するのではなく、“必ず届く”ことを期待^^。

HP 新規外部リンク獲得
高い成果が上がる検索コンサル
コンテンツSEO
企業名でBlogを上位表示
被リンク
安定1位表示
被リンク業者
月間検索数の少ないスモールキーワード
ユルイキーワードで被リンク対策
複合キーワード
被リンクで安定1位成功
中小企業 ウェブ 格安
サイト検索集客サービス
質の高い被リンク
PR