忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

裏腹


2014年5月12日の日本経済新聞の朝刊です。ネット決済に関する記事です。調査対象は全国の20~60代の男女1000人。ネット決済に不安は?という問いに対し、ある64.7%、ない35.3%という結果。まずはないと回答した人の理由を多い順から。サイトの情報管理を信用、暗号化技術、カード不正利用は守られる、複数パスワードで防衛 以上です。・・・めでたい理由が上位なのですね^^;。多分被害に遭ったことがないからだと思います。続いてあると回答した人の理由を多い順から。個人情報が盗まれそう、個人情報を漏らされそう、カード不正利用のおそれ、銀行口座から盗難の恐れ 以上です。
個人情報流出に不安を覚える方がおおいのですね。それでも利用するのです。「便利」だから。うちの友人はAmazon以外のネットショップではクレジットカード決済はしないと決めているそうです。なぜかAmazonに絶大な信頼を寄せています(笑)。しかし正解だと思います。
なぜ友人は正解かというと、表向きはAmazonにしかクレジットカード情報を晒していないわけです。裏ではもしかしたら他にも友人のクレジットカードの情報が流出しているかもしれません。何せインターネット上の情報の行方は誰にもわかりませんし把握できないのです。ですので、インターネット上の情報は行方知れずなのです。ですので、インターネット上にやむを得ず情報を晒さなくてはならないのであれば、最小限に抑えた方が、インターネット上に自分の情報が流出するのを防ぐことが出来ます。インターネット上でも色々なサイトに登録したり、ショッピングしたりして個人情報を自らばらしている状態は危険だというわけです。
ネットショッピングをするのであれば、ZOZOTOWN、Amazon、楽天市場、yahoo!ショッピングのように、ブランドが一つのサイトに集結しているタイプのサイトで買い物をするのがオススメです。個人情報の登録はそのサイトだけで済みますから。

催眠療法料金、東京都
忘れた過去の出来事を探る
PR